読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛され葉酸は過剰摂取の危険なし?口コミの評価は?

妊婦の葉酸不足は愛され葉酸で効果的に補えるの?メリットはある?

愛され葉酸と葉酸不足の危険性について

愛され葉酸 評判

ビタミンaの過剰摂取などの不安を感じることなく、葉酸不足を効果的に補うことができるのが愛され葉酸です。



口コミでも

これを飲むとなぜかつわりが軽減されるので妊娠後期の今でもずっと続けています。飲むのをやめるとやはり気持ち悪いので産むまでお世話になります。

葉酸だけではなく、ビタミン、鉄分、カルシウムが入っていること、原材料が安心安全な印象を受けたので、妊娠中にリピートしています♪

といった評価が続いています。




葉酸不足の副作用

厚生労働省から発行されている母子手帳にも、葉酸をしっかりと補うように明記されるようになりました。妊活中だけではなく、妊娠中から授乳中まで長い期間にわたって葉酸は必要なビタミンなんです。

 



葉酸にはいろいろな働きがあるんですが、特に重要なのがタンパク質の代謝です。たんぱく質アミノ酸へと分解したり、逆にアミノ酸から様々なたんぱく質を再合成する役割を持っています。


私たちの身体のパーツのほとんどは、タンパク質によって作られています。肌や髪の毛、爪といったものから、内臓や内臓内の粘膜、筋肉などさまざまです。

 



神経だってタンパク質でできているんですが、人間が成長していく過程で、最も神経が発達するのはお母さんのおなかの中にいる間。つまり妊娠中です。


特に妊娠初期というのは、身体の発育よりも脳や神経が優先的に形成されていきます。しかも、大人と奈比べ物にならない速さで発育が進んでいきます。

 




この大事な時期に葉酸が不足してしまうと、神経系が十分に育てることができず、先天性異常を起こすリスクが高くなってしまうわけです。


葉酸不足では「神経管閉鎖障害」が起きやすいと言われていて、具体的には、二分脊椎症や無脳症といった症状が現れてしまうことがあります。

 



二分脊椎症とは、脊椎(背骨)が十分に発達できなかった状態。一生、病院で治療をうつけ続けなければいけない体になってしまいます。






■いつまで飲むと良いの?

葉酸が特に必要と言われるのは妊娠初期です。胎児が最もハイスピードで成長するのが妊娠初期だからです。


ただ、妊娠初期を過ぎても、葉酸の重要性がおちることはありません。葉酸不足が起きてしまうと、タンパク質の代謝が滞ってしまい、胎児の発育に悪影響を与えてしまうからです。

 



それに葉酸はママの体でも必要な栄養素です。貧血不足は通常、鉄分不足で起きるものですが、実は葉酸不足で貧血が起きることがあるんです。


鉄分は赤血球の中にあるヘモグロビンの主成分ですが、葉酸赤血球を形成するために欠かせないんです。葉酸が不足してしまうと、壊れやすい構造になってしまい、ヘモグロビンを全身に運ぶことができなくなってしまうわけです。

 



出産後に葉酸が必要だと言われるのは、ママの体で葉酸不足が起きないようにするのと同時に、生まれたばかりの赤ちゃんにも葉酸はやっぱり必要だからです。


母乳を通じて葉酸を赤ちゃんの体に補うことで、お腹の中にいたのと同じように、身体の発育を促してあげることができるんです。

 






■薬局購入できない理由

愛され葉酸は薬局に行ってもおいていません。できることなら店頭販売されている実物を確認してから購入したい所ですが、それができません。


ネット通販のみで購入できるわけですが、店舗で取扱いされない理由があるんです。品質の管理方法にどうしても、問題点が出てきてしまうからです。

 

 



愛され葉酸は添加物がほとんど含まれていません。ある意味、生鮮食品に近いほどデリケートなので、雑な保管方法をしてしまうと、中身が劣化してしまう危険があるわけです。


公式サイトだけから申し込みができるものの、その代わり、初回は980円でお試しできるようになっています。

 

 



定期購入が前提となるので、6回以上の継続が必要になるものの、逆に言うと、愛され葉酸の効果をしっかりと発揮するには、それくらいの期間はどうしてもかかってしまうわけです。


中途半端に飲んでも逆に、キチンとした効果が現れず、お金を無駄にすることになるので、葉酸は授乳を終えるまで飲み続ける前提で考えたほうが良いですよ。



ママや赤ちゃんの体に悪影響を与える心配なく葉酸を補うことができる愛され葉酸を試しに飲んでみるにはこちら










愛され葉酸 口コミ評判 妊娠初期に効果なし?
愛され葉酸 授乳中の効果は?葉酸不足は補える?